趣味写真

kfdiary.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 11日

C/2014 Q2 ラヴジョイ

昨晩はラヴジョイ彗星の撮影に近くの河川敷に行ってきた。
風もなく雲もなく久しぶりにまともに撮影できる夜だった。
気温もそれほど冷えなく寒くはなかったけど治りかけていた風邪がひどくなってしまった。
気温推移はこんな感じ。
b0123663_22321253.jpg

月の出は21時半なので20時から21時の1時間くらいラブジョイ彗星の撮影をしてその後いろいろとテストをしてきた。
OIIIのゴースト対策は見事に撃沈してしまった。
やはりバンド幅の狭いものを使うしかなさそうだけど、値段が高いのと、狭帯域すぎてF2.8の明るいレンズだと波長シフトでOIIIの波長を外してしまうかもしれない。
F5.6くらいまで絞れば大丈夫だろうけど、そうすると今度は盛大に回折光芒が出てしまう。
手が思いつかない。
それと、今回初めてPHD Guidingを試してみた。
5分露出でCCDOPSと比較してみたが5分程度では差が見られなかった。
ただ、PHD Guidingのほうがキャリブレーションが楽そう。
CCDOPSはキャリブレーションの時間が適当でないとエラーが出てしまうけどPHD Guidingはオートでその時間を調整してるみたい。
次回はPHD Guidingでガイドしてみようと思う。
後は春の銀河シーズンに向けてガイド用のレンズに1.4倍テレコンをつけてのガイドテストをしてみた。
ただ付けていたレンズが400mmのままなのでテレコン有無のの差は見られなかったが、使うレンズが600mm以上になれば差が出てくるかもしれない。

昨晩のラヴジョイ彗星

カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF400mm F2.8L IS II
絞り:F2.8
iso、露出時間:iso1600 2分×10枚×2
フィルタ:IDAS LPS-D1 MFA
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L
ガイドソフト:CCDOPS
撮影日:2015/1/10

彗星の核基準でコンポジット
b0123663_22264744.jpg

尾がかなり長く伸びているようでフレームの外に飛び出てしまった。
この彗星の撮影はこれで終わりかな?
来週の新月期はオリオンの大星雲と春の銀河を狙ってみようと思う。
問題は天気か?

by elefantino-t | 2015-01-11 22:37 | 彗星


<< ラヴジョイ再処理      風が収まらない >>