趣味写真

kfdiary.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:天体撮影機材( 39 )


2015年 12月 05日

ようやくテスト

昨晩は久しぶりに風邪も無く良い星空だったので久しぶりに星撮影に行ってきた。
と言っても24時半には月が出てきてしまうのでかなり前に買ったスカイメモSのテストのみしてきた。
ポータブルな分、極軸合わせが大変かな。
AR-1の方が極軸は合わせやすい。
剛性もやはりAR-1には劣る感じ。
ただ、水平出しは今回の方が楽。
使った三脚はジッツォの5型にマンフロットの100MMハーフボールだったので水平はすぐに出せた。
AR-1は調整の範囲が狭いので水平出しをするのが一苦労。
荷物はポタ赤の方が少なく済むので手軽さはこちらの方が上なんだけど、AR-1なら200mmくらいまでなら2台載せられるし、荷物に余裕がある時はAR-1が主になりそう。
来週のふたご座流星群の時はどちらを持っていこうかな?

昨晩の撮影風景。
b0123663_2304131.jpg
b0123663_2305294.jpg

ASTRO6D+Otus 1.4/85の組み合わせは相当重いけど、剛性にに少し不安はあるもののガイドは問題なさそう。
今回は自由雲台を使ったけど、次回は1軸の雲台で試してみようと思う。
構図に自由度はないけど1軸の雲台の方が剛性が良いかも。

撮影中の気温・湿度、6Dのセンサー温度はこんな感じ。
b0123663_22224087.jpg

b0123663_22203499.jpg


by elefantino-t | 2015-12-05 23:11 | 天体撮影機材
2015年 09月 09日

今週末発表?

どうも今週末に新Otusが発表されるようだ。
85mmも9月に発表されたので次のOtusも今月発表かなとは思っていたけどいよいよかな?
焦点距離は24mmになりそう。
日本国内の発売はこれまでのように来年春になるのかな?
まぁ春なら夏の天の川撮影には間に合うので良いけど、
出来れば海外も国内も同時発売にして欲しい。
で、広角の次は何を出すつもりなんだろうか?
ズームかな?
でも、Otusシリーズでズームなんて出すのかな?
出来れば200mmF2でドロップインフィルタの物を出して欲しいけど。
ヤシコン時代のApoSonnar200mmF2は事実上フィルタワーク出来ない代物だったし、
あれは勘弁だな。
ドロップインだったらキヤノンのニーニーを買わずに中古を間違いなく買ってたんだけど。
MAPカメラに良い出物も有ったし。
まぁでも200mmF2なんてレンズ需要がほとんど無いだろうし出してくれないだろうな。
55mmの時も85mmの時もユーザー登録はがきに毎回書いてるけど出してくれないだろうな。


気になる今週末の天気は金曜の夜が良さそう。
ただ懸念されるのは今日の大雨で山の方がどうなっているのか判らないこと。
今のところ情報では、
良く行く山は2カ所のうち、1か所は大雨のため通行止めの情報がある。
いまだに解除されてない。
もう1カ所は通行止めも土砂崩れの情報も無いけど、山の中過ぎて情報が出てこないのかも。
明日あたり何か情報が出てきそうな気もするけど。
これだけの雨で何も起きてないわけ無いような気がする。
明日の情報次第で今週末行く場所を決めるつもり。

by elefantino-t | 2015-09-09 23:06 | 天体撮影機材
2015年 09月 06日

今週末は大丈夫かも?

天気予報が変わって今週末の土曜日の夜に少し望みが出てきた。
かろうじて晴れそうな箇所がある。
久しぶりに星見が出来るかな?
なので一応準備だけはしておこうと、バッテリー類をすべて再充電して、断線して壊れていたレンズヒーターを修理した。
これから撮影スケジュールでも建てるとしよう。

by elefantino-t | 2015-09-06 20:54 | 天体撮影機材
2015年 09月 05日

スカイメモS確認

来週の新月期に備えて、先日買ったスカイメモSの動作確認をした。
確認内容は極軸望遠鏡のセンターずれとカメラを付けた時の動作。
確認の結果、極軸望遠鏡のセンターは全く狂ってなかった。
出荷時に確認しているのかな?
それと、カメラをつけての動作確認も全く問題なし。
使ったカメラはASTRO 6D+Otus55mmでかなりの重量だったが
2時間駆動してみたが問題なし。
電源はアルカリ電池ではなくモバイルバッテリーを使用した。
消費電力もかなり少ないようでテスト終了後再充電してみたがほとんど再充電する必要が無いくらいすぐに充電が終了してしまった。
単3アルカリ電池で72時間持つらしいので消費電力はそれほど気にする必要はなさそう。
後は実際の撮影でテストしてみたいけど来週末の天気も悪そう。
テストは10月に持ち越しかな?

今日のテスト風景。
b0123663_2045781.jpg
b0123663_2045213.jpg
b0123663_20453648.jpg


by elefantino-t | 2015-09-05 20:48 | 天体撮影機材
2015年 09月 01日

今日は防災の日

今日は9月1日、『防災の日』。
テレビやらラジオで色々とやっているけど、まぁ取りあえずは飲料水と非常食の確保が重要かな?
最低でも3日間分は用意しておけとは言われるけど、この間の震災を見る限り3日では足りなさそう。
群馬県は自然災害の少ない県として売り出しているみたいだけど、日本で地震の無い県なんてあるはずもない。
日本列島そのものが断層の上にのっかているようなものだし。
うちの傍にも活断層が走っている。
埼玉の方から榛名の麓に抜けていく奴。
その傍にも小さい断層が何本も走っている。
カワセミ撮りしている時に川歩きをしていてそのうちの1本の痕跡を見たことがあるけど寒気がした。
地層が完全にUの字型に曲がってた。あれは凄かった!!
あんなのがいずれ来るのかと思うと半分諦めモードにはなるけどね。
まぁ一応は備えはしてある。
飲料水は普通のだけ、非常食は少しぜいたくをしている。
常備している非常食はこれ。

とか、これ。

お値段は高いけど、割と美味しいと評判の奴。
これを見つけたのは実は非常食用としてではなく、真冬の星撮りに行っている時に、コンビニの冷たくなったおにぎりでは何とも体が温まらいなぁとと思って、簡易的に暖かく出来るキットとかないかなぁと探していたところ、これに行きついた。
バーナー積み込んでおいてお湯沸かしてカップラーメン等のも考えたけど、バーナーは持って入るけどそれなりに荷物になるし、水は持っていかなくてはならないし、お湯沸かしたりするのもめんどくさい。

で、思いついたのが上の奴。
なので、非常食用と言う訳ではなく真冬の星用。
まぁいっぱい保管しておいて古いものから食っていけばいいわけだから、一石二鳥。
同じ所から似たような目的でこういうのも出ている。

『山弁』なんてなかなかシャレたネーミングだ。
試しに買ってみたけどまだ試してない。
非常食の方は全メニュー制覇したわけじゃないけど評判通り非常食としては美味しい。
それも暖かいのはうれしい。
それに新製品も出てくるし、飽きなさそう。
今年の冬はコンビニのおにぎりはやめてこれ一本でいこう!!
常に2食くらいは車に積んでおこうかな?

by elefantino-t | 2015-09-01 20:10 | 天体撮影機材
2015年 08月 31日

ステラショット

ようやく楽天のお店でも『ステラショット』を扱うお店が出てきたので買ってみた。
これ

『ネイチャーランドKYOEI』で扱い始めた。
アストロアーツの直販店が有るにも関わらず扱って居ないのはどうかと思うけど。
以前、体験版をダウンロードして使ってみたけど、ステラナビとの連動性が無く、かなり使いにくいものだったけど今後に期待して買ってみた。
体験版では天気がどうにもならなくて期間内に実際に試してみることが出来なかったので、来週の新月期には是非とも試してみたい。
天気次第かな?

by elefantino-t | 2015-08-31 19:54 | 天体撮影機材
2015年 07月 30日

次のOtusの噂

久しぶりにOtusの噂が出た。
昨年の噂では35mmだったんだけど、今回の噂は24mm。
35mmだったら買うかどうか迷うところだけど、24mmなら間違いなく買い。
用途は主に星用。
今はTSE24mmを使ってるけどF値が大きくて星用にはちょっとつらい。
F1.4で出てくればかなり助かる。
天の川や流星に重宝しそう。
来年もホタルを狙う予定なのでホタル用にもばっちり。
今までのOtusの流れでは海外で秋発売、国内で春発売かな?
来年の天の川撮影に是非使いたい。

天の川撮影用と言えばこんなものを買ってみた。

最近ようやく出回り始めたケンコートキナーのスカイメモS。
発売当初は人気で何処も品切れ状態だったけど
最近になりようやく出回り始めた。
ポタ赤を買うのは初めてだけど今使っているAR-1よりも設置が楽そう。
オートガイド端子が付いているのもうれしい。
今度のペルセウス座流星群で試してみたい。

by elefantino-t | 2015-07-30 22:12 | 天体撮影機材
2015年 06月 02日

ちょっと前だけど

ちょっと前だけど、Canon RumorsにCR1情報だけど、キヤノンがフルサイズの天体写真用一眼レフを出すとかという噂が出てた。
もし本当の話なら、ニコンに対抗しての事なんだろうけど、
最近思うことだけど、ただ単にHαが写るのでは何ともさびしい。
これだと、冬場は良いけど夏場は厳しい。
気温が20℃を超えてくると気温と自己発熱とでノイズまみれになってきて撮る気をなくしてしまう。
先日、初めてフィールドでセンサー温度と気温のデータを合わせてログを録ってみたけど、60Dで撮影中は気温+8~9℃くらいセンサー温度が上がってしまっていた。
気温20℃で撮影していればセンサー温度は30℃近くまで上がってしまい、この温度だとダークを撮ってみると撮影するのが嫌になるくらいのノイズが載っている。
こんなノイズではとても淡い星雲は狙えない。
夏場は魅力的な天体が非常に多いので、出来ればキヤノンには外気温-20℃程度で構わないので冷却機能付きで出して欲しい。
構造的にはバッテリーグリップ見たいなのをつけて
センサーの熱をヒートパイプでその部分に運び、そこにヒートシンクとファンを内蔵する
こんな構造ならスマートなんだけどな。
昔々のF-1のばかでかいモータードライブ見たいになりそうだけど。
こんなの


これをプロ向けの限定販売とはいえ市販したんだから、外観的には問題なさそう。
この構造ならちゃんとファインダーも覗けるし、良いんじゃないかな?
値段は6DとAstro6Dの価格差ぐらいが妥当かな?
価格以外の問題がいろいろとあるだろうし厳しいのかな?
一番のネックはバッテリーかな?
外つけバッテリーは必須だし、キヤノン純正となると厳しいかな?
Astro6Dなどのように12V??Aで供給してねとユーザーを放り出す訳にもいかないだろうし。
あ!上のF-1は単3Ni-Cd電池20本の24Vだった。それを考えると可能かな?
世界のデジ一眼市場が飽和状態なんだからこのくらいのカメラを出す遊び心が欲しい。
っていうか、すばる望遠鏡用の超広視野カメラを作ったことだし、
是非ともより高性能のコンシューマ向けの天体カメラを出して欲しい。
ホタル撮影でも威力を発揮しそうだし。ヘイケボタルなんて真夏だし、気温30℃以上なんてこともある。
ついでだから、オートフォーカス付き天体望遠鏡とかも出してくれたらいいなぁ、屈折で。
当然絞りつき。この絞りはどこのF値でもほぼ真円とか。
ドロップインフィルタも欲しいなぁ~・・・

ホタルと言えば、今晩のホタルは中止。
気温的には良さそうなんだけど、夕方から晴れてきてしまって、月はほぼ満月。
昨日、月に薄雲が掛かる中テスト撮影してみたけど、ここまで月が大きくなっちゃうと明るい。
天体同様、ホタル撮影もお月さまとにらめっことはね。
来週以降に期待かな?

by elefantino-t | 2015-06-02 19:53 | 天体撮影機材
2015年 05月 27日

先日の撮影風景

先日の撮影終了後に機材の状況を撮影しておいた。

AVXにAstro60+EF200mmF2L
b0123663_2231187.jpg


AR-1にAstro6D+Otus 1.4/85(手前)、EOS 5Dmk2+Apo Sonnar T* 2/135
b0123663_2233135.jpg


Astro6D+Otus 1.4/85のアップ
b0123663_2239774.jpg

b0123663_22392747.jpg


by elefantino-t | 2015-05-27 22:41 | 天体撮影機材
2015年 05月 24日

散々な天気

一昨日の晩から昨日にかけて山の方に撮影に行ってきた。
GPVの予報だと一晩中晴れの予報だったのだが、結果は予報が見事に外れ散々な結果に・・・
薄明終了直後の空の様子は良く、見えている星の数は物凄く期待できる状況だったんだけど、撮影を開始した22時くらいには南天の低い方向に雲が出始め、GPVではこの雲は消える予報だったので気にせず撮影してたんだけど、この雲が見る見るうちに近づいてきて、天頂に向けて固定撮影していたカットに雲が写り始めたのが23時くらい、この雲は一晩中通過し続け、まぁ悲惨な結果に終わってしまった。
この雲は厚く全天を覆うような雲じゃなかったので雲の切れ間は有り、とにかく撮影し続け使えそうなカットを選んでコンポジットする事にし撮影を続けた。
撮影開始後の22:50くらいの撮影風景。
b0123663_14275434.jpg

撮影機材は1DX+TSE24mmでF4、iso12800、15secで撮影。
さそり座のアンタレスと土星が左の方に写っている。
手前の機材はニーニー+Astro60Dで奥に見え難く写っているのは5D2とAstro6D。
左隅に写っているのは今回ご一緒した方の機材。
トーストのポタ赤を使っていた。
今回はこの方とご一緒だったもう一方の計3人で撮影していた。
こちらの方もポタ赤を使ってらっしゃって、使っているカメラが70Dなんだけど、それに物凄いクーリングシステムが付いていた。
見た目CPUのクロックアップ用のヒートシンクかと思うくらいばかでかかった。
この方、ブログを持っていて星鳥さん。
このお二方の車がとても個性的で車の話でも盛り上がった。

『星鳥さん、お名前を聞き忘れてしまいましたがジムニ乗りの方、今回は大変お世話になりました。
車のお話大変楽しかったです。
また何処かでお会いしましたらよろしくお願いします。』

こんな感じで一晩中楽しい時を過ごすことはできたが残念なのは雲。
雲さえ無ければ良い撮影が出来たんだけどなぁ。
2時半の状況はこんな感じ。
b0123663_1450535.jpg

1DX+Otus55mmでF5.6、iso12800、15secで撮影。
こんな感じの雲の状況なので諦めて撤収する気にもなれなく結局一晩中この空にお付き合いしてしまった。

今回の撮影機材は
AVXにAstro60D+EF200mmF2L
AR-1にAstro6D+Otus85mmと5D2+ ApoSonnar135 mm
固定撮影で1DX+TSE24mmL、Otus55mm
と気合を入れて挑んだんだけど、玉砕・・・
天気運が悪いなぁ!!

撮影時の気温変化と各カメラのセンサー温度変化。
気温と湿度。
b0123663_1513980.jpg

Astro60Dとカメラ付近の気温
b0123663_1533047.jpg

Astro6Dとカメラ付近の気温
b0123663_1553036.jpg

温度記録はおんどとりを使用、Astro60Dは記録が取れるように改造した。

by elefantino-t | 2015-05-24 15:20 | 天体撮影機材