趣味写真

kfdiary.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:銀河( 18 )


2015年 03月 29日

こちらは3つ入った

同じくしし座にある銀河。
こちらは3つ入った。

カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:
 iso3200 5分×7枚
フィルタ:IDAS LPS-D1
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L + EF2xII
ガイドソフト:PHD2
撮影日:2015/3/27-28

b0123663_22185866.jpg


by elefantino-t | 2015-03-29 22:19 | 銀河
2015年 03月 29日

M95とM96

しし座にあるM95とM96。
M105も一緒に入れたかったけどぎりぎりだったので諦めてこの2つにした。

カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:
 iso3200 5分×7枚
フィルタ:IDAS LPS-D1
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L + EF2xII
ガイドソフト:PHD2
撮影日:2015/3/27-28

b0123663_2272172.jpg


by elefantino-t | 2015-03-29 22:08 | 銀河
2015年 03月 29日

春は銀河の季節

星雲好きの私にとっては春はさびしい季節。
薄明終了後の冬の星雲と薄明前の夏の星雲の撮影の合間は撮影対象が無い。
と言っていてもしょうがないので、天の川銀河の外側にたんまりと見える銀河を狙ってみた。
狙ってみてると再確認できるけど焦点距離が足りない・・・
最低でも1000mm以上は欲しい。
やっぱり春は新しいことを試してみる季節なのかもしれない。
今回はガイド精度向上にチャレンジしてみたが、なかなかうまくいかない。
一晩中迷走してた。
ただ、PHD2を使用したドリフト法による極軸合わせは非常に便利だとわかったことが今回の収穫かな?
ずれ度合いがトレンドラインで表示できて非常に便利。

この日の気温変化。
b0123663_21465677.jpg

予報では最低気温は5℃くらいだったのであまり重装備で行かなかったら明け方はかなり寒かった。
おかげで見事に風邪をひいてしまった。
この時期は一応真冬の装備を持って行った方がいいみたい。

ガイド精度確認がてら撮影した銀河。

M51子持ち銀河
カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:
 iso3200 5分×3枚
フィルタ:IDAS LPS-D1
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L + EF2xII
ガイドソフト:PHD2
撮影日:2015/3/27-28
b0123663_21532146.jpg


by elefantino-t | 2015-03-29 21:57 | 銀河
2015年 02月 24日

M81&M82再処理

昨日のM81&M82を再処理した。
Hαの事前処理を少し変えた。
b0123663_22151675.jpg

昨日の画像に比べると赤い輝点は目立たなくなったがまだ少し残っている。
もう少し強めに事前処理をした方が良かったかな?
ただあまり強すぎるとHαで撮影した意味がなくなってしまうので適当な加減が難しい。

by elefantino-t | 2015-02-24 22:17 | 銀河
2015年 02月 23日

M81&M82再挑戦

前回、露出時間が稼げなかったので再度撮影してみた。
今回は少し長めに撮影できた。

カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:
 iso3200 5分×3枚
 iso3200 10分×3枚
フィルタ:baader planetarium UHC-S
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L + EF2xII
ガイドソフト:PHD Guiding
撮影日:2015/1/23-24


カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:
 iso3200 15分×5枚
フィルタ:baader planetarium Hα(7nm)
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L + EF2xII
ガイドソフト:PHD Guiding
撮影日:2015/2/20-21
b0123663_233862.jpg

Hαフィルタの露出時間を増やしたのでHα領域がはっきりと出てきたが、その分Hαを合成に使った影響で赤い輝点が目立ってきた。
今回は未対策なので次は対策を打って再合成してみたい。

by elefantino-t | 2015-02-23 23:06 | 銀河
2015年 01月 25日

またまた外してしまった

先週末は金曜日の晩に行こうか土曜日の晩に行こうか迷って金曜日の晩に行ってきた。
GPVだと土曜の晩は曇りそうだったのと金曜日の夕方に強風注意報が解除されたので帰宅後機材を積み込んで近くの河川敷に行ってきた。
強風注意報は解除されたものの風が強く歩留まりは悪くなるは、空はかすんでいるは、ここのところ良い条件に当たらない。
当日の気温変化
b0123663_224214.jpg


まずは久しぶりに撮影したM81,82から。

カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:
 iso3200 5分×4枚
フィルタ:IDAS LPS-D1
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L + EF2xII
ガイドソフト:PHD Guiding
撮影日:2015/1/23-24


カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:
 iso3200 10分×5枚
フィルタ:baader planetarium Hα(7nm)
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L + EF2xII
ガイドソフト:PHD Guiding
撮影日:2015/1/23-24

b0123663_23474727.jpg


風の影響で歩留まりが悪く露出が足りない。
この天体はこれからまだまだ狙えるので再チャレンジしようと思う。

by elefantino-t | 2015-01-25 23:49 | 銀河
2014年 12月 28日

マルカリアンの銀河鎖

風が収まるとそこは春の空に変わっていた。
冬の星雲たちは西に傾き撮影できないので春の天体の代表格を狙ってみた。
春は銀河の宝庫。
ただ付けてあるレンズが400mmなので400mmでも狙えそうな『マルカリアンの銀河鎖』を狙ってみた。
初めての撮影でちゃんと写るのか不安だったけどなんとか銀河鎖だというのがわかるレベルには撮れた。

カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF400mm F2.8L IS II
絞り:F2.8
iso、露出時間:iso1600 5分×11枚
フィルタ:IDAS LPS-D1 MFA
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L
ガイドソフト:CCDOPS
撮影日:2014/12/26-27

b0123663_14282784.jpg


by elefantino-t | 2014-12-28 14:31 | 銀河
2014年 10月 19日

アンドロメダ座大銀河

夜も更けて光害の影響も減ってきたので天頂付近にいたアンドロメダ座大銀河を狙ってみた。
で、レンズを交換した時に赤道儀が動いてしまったようで極軸が少しずれてしまった。
設置の甘さが原因なのは明らかで、設置する時にもっと気を使えばよかった。。。
月が上がってくるまで時間が無かったのでそのまま続行。
ガイド中何度かエラーが出たりとだましだまし撮影した。
露出時間が短かったこともあり、星もそれほど流れずに済んだ。

カメラ:ASTRO60D
レンズ:EF400mm F2.8L IS II
絞り:F4.0
iso、露出時間:iso1600 300秒×15枚
フィルタ:IDAS LPS-D1
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L
ガイドソフト:CCDOPS
撮影日:2014/10/18-19

b0123663_1365641.jpg


by elefantino-t | 2014-10-19 21:12 | 銀河
2014年 06月 03日

1DXでソンブレロ銀河

赤道儀のセットアップを終え、ガイドの性能を確認するのにソンブレロ銀河を撮影した。
今回はロクヨン+2倍テレコンの1200mmで撮影。
それでも銀河撮影にはもっと長い焦点距離が欲しくなる。

カメラ:EOS-1D X
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF2xIII
絞り:F8
iso、露出時間:iso6400 300秒×9枚(45min)
フィルタ:IDAS LPS-D1
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + EF200mm F2.8L
ガイドソフト:CCDOPS
撮影日:2014/6/1-2

b0123663_2324459.jpg


iso6400にしてみたがノイズが凄い。
この気温では厳しいな。
ガイドは思っていたよりも良い。
もっと暴れるかと思ったけどまぁまぁ。
もっと長い焦点距離のレンズをガイド鏡にしたらどんな感じになるのかな?
昔使っていたミザールのガイドスコープで試してみるかな?

by elefantino-t | 2014-06-03 23:10 | 銀河
2014年 05月 06日

M51 子持ち銀河

風が止んだ頃に再度テストで今度はM51 子持ち銀河を撮影した。

カメラ:EOS-1DX
レンズ:EF600mm F4L IS II + EF1.4xIII
絞り:F5.6
iso、露出時間:iso1600 300秒×4枚
フィルタ:baader planetarium UHC-S
赤道儀:CELESTRON ADVANCED VX
オートガイダー:SBIG ST-i + 専用ガイド鏡
ガイドソフト:CCDOPS
撮影日:2014/5/3-4

b0123663_21301576.jpg

やはり前回よりはオートガイドの精度が増している。
840mm5分でこのくらいに収まっているので
600mm5分なら余裕だろうとこの後星雲撮影に入った。

by elefantino-t | 2014-05-06 21:34 | 銀河