趣味写真

kfdiary.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

ここに来てこんな噂

これです。
1DsMK4の発表の噂です。
フォトキナの前に発表と言う事は年内発売ですね。。。
思いっきりヨンニッパ2とかぶります。かなり厳しいです。
CR1だし当てにはなりませんが、もし発売されても年内の入手は諦めるしかなさそうです。
買うとしても来春かな?
しっかし、こんな高い機材ばっかり立て続けに発売するのかな?
それにしても、ここ1年くらいでヨンニッパ、ロクヨン、1DsMk4とでかい出費が続きそうです。
ゴーヨンは手放すつもりだけどいくらになるかな?

by elefantino-t | 2010-08-31 23:39 | 鳥撮影機材
2010年 08月 30日

キジ

少し前にカワセミ待ち中に撮ったキジです。
このポイントではたまにキジを見かけるのですが、カメラを構える前に茂みに逃げ込まれてしまいます。
今回は逃げ込まれる前に撮影できました。
つがいで居ました。
b0123663_22584770.jpg
b0123663_22585714.jpg
b0123663_2259759.jpg


More

by elefantino-t | 2010-08-30 23:01 | その他の野鳥
2010年 08月 29日

久しぶりに撮れました

このポイント何度か行っているもののなかなか撮らせてもらえませんでしたが、今日は何とか撮影できました。
暗がりに止まっていたのでそーっと近づいて撮影しました。
近づかないと前ボケが入って撮影にならないんです。あんまり近づきたくないんですけどね。
b0123663_22594111.jpg
b0123663_22594632.jpg
b0123663_22595294.jpg


More

by elefantino-t | 2010-08-29 23:00 | カワセミ
2010年 08月 29日

縄張り争い、再び

今朝も何時ものポイントへ行ってきました。
川の水位がかなり落ちて来たので違うポイントも良さそうですが、このポイントの動向が気になり行ってきました。
今朝は再び縄張り争いが始まりました。目の前を2回追いかけっこをしながら通過して行きました。
おそらく縄張りに侵入してくるカワセミは下流が縄張りのようです。
今朝はこの間とは違って追い出した後はすぐに戻って来てくれ、長居をしてくれたので撮影枚数も結構行きました。
b0123663_22492551.jpg
b0123663_22493471.jpg
b0123663_22494116.jpg


More

by elefantino-t | 2010-08-29 22:55 | カワセミ
2010年 08月 28日

今日は朝のみ

今朝も何時ものポイントに行ってきました。
今朝は何時ものメスの若鳥しか姿を現しませんでした。
縄張り争いがひと段落したのかな?

で、やはり、日にちが空いてしまったので最初のうちは警戒モードです。
あまり近づいて来てくれません。
まぁこれを繰り返して慣れてもらうしかないですね。毎日通えればいいんですけど。
ただ、ここのカワセミは行動パターンが読めますね。
こちらを気にして居るのが行動ではっきりと分かります。面白いです。
出来ればこのカワセミにずっとこのポイントに居て欲しいものですが、どうなる事やら。
b0123663_21244455.jpg
b0123663_21245689.jpg
b0123663_212594.jpg


More

by elefantino-t | 2010-08-28 21:29 | カワセミ
2010年 08月 26日

ヨンニッパ2!!

いやぁー!!凄いレンズが発表されました。
今度のヨンニッパは別格って感じです。
ハチゴーロクが発表された時も凄いレンズだなと思ったけど、今回のヨンニッパはそれ以上です。
何しろ驚きなのがMTF特性図。何これっ!!こんな設計できるの?ってな感じです。
これです。
0.9以下になって無いじゃん!!凄いですね。
やはり螢石2枚使いが効いているのかな?レンズ構成はこんな感じ。

予想した螢石最前玉2枚使いじゃありませんでしたが、2枚目と4枚目に使用しています。

じゃぁ何でこんな構成になったのかと推測してみました。
おそらく今回発表のサンニッパとヨンニッパの大きなテーマの一つは『保護ガラス無し』だったのではないでしょうか?
上の構成図を良く見ると保護ガラスが有りませんね。
ハチゴーロクやニーニーでは入っています。(詳しくはキヤノンのHPを参照)
保護ガラスって光学的にマイナスな要因でしょうから出来れば排除したいが、保護は必要、なので仕方なく入れていると思われます。
で、今回保護ガラスをなくすために開発されたのがフッ素コーティングです。
ところがフッ素コーティングしたところで螢石の傷つきやすさは変わらず、保護ガラスをなくした場合、螢石を最前玉に使えず、2番目に使用したのだと思います。
3番目は2番目との群レンズなので螢石にしてもあまり意味はなく、4番目に使用したのではないでしょうか?
こんな感じなのではないでしょうか?違っていたらごめんなさい。

これ以外にヨンニッパ2の凄い所はやはり質量でしょう。
なんと1.5kgも軽量化されています。現ゴーヨンとほとんど同じ質量です。
こんな事が出来るんですね。
それにしても、これは軽いです。緊急時の手持ち撮影も大丈夫です。
大幅に機動力アップです。
それと、最短撮影距離が3mから2.7mと短くなりました。
これも魅力的です。
特に蓮撮影時に重宝しそうです。凄くボケそう。
中間リングも使わなくて済みそうだし。
カワセミの待ちぶせにも良いかもね。

ホント、今回の仕様を見てリニューアルを待ってて良かったぁ!!ってつくづく思いますね。
キヤノンは期待を裏切らないです。

なので、フォトキナに参考出品される次期ロクヨンにも物凄く期待しちゃいます。
現ロクヨンのウィークポイントの開放での解像力不足がかなり改善されていそうです。
非常に楽しみです。
発売をおそらく来春~来夏でしょうね。
少なくとも今回発表されたレンズが全て発売されなければ発売できないでしょうし、早くて3月、まぁ6月くらいじゃないでしょうか?楽しみです。
でも、なぁんか1DsMk4の発売とかぶりそうな気配がプンプンしてます。やばいなぁ!!
Apple株売っちゃうかな?配当無いし、長々持っててもねぇ。。。
株価も十分上がったし、売っちゃおうかな?

で、今回のヨンニッパですが、もちろん即注文してもらいました。
何時もの店員さんに何時ものように頼んでおきました。
会社帰りに寄ってきたらちゃんと発注されていました。
発売は12月末でしょうね。
本格稼働する来夏までには半年ありますので癖を掴むには十分な時間もあるし、ちょっと短いけどカワセミ撮りにも使ってみたいですね。
ヨンニッパ入手したら、ゴーヨンは手放すことにしました。
本当はロクヨンを手に入れてからと思っていたのですが、予想以上の性能なのでヨンニッパが有ればゴーヨンは要らないです。
次期ゴーヨンには非常に興味が有りますけどね。
一体何キロになるんだろう?
いくらなんでもそりゃないか!!

by elefantino-t | 2010-08-26 21:49 | 鳥撮影機材
2010年 08月 25日

明日発表になるのかな?

いよいよ明日です。噂の日。
60Dと長玉2本。
60Dはまぁ買う気はないのでいいのですが、気になるのは長玉2本の方です。
サンニッパとロクヨンの噂とサンニッパとヨンニッパの噂が有ります。
ヨンニッパよりロクヨンの方を先に出して欲しいのですがどうなるでしょうか?
楽しみです。
1DsMk4はめっきり噂が出なくなってしまいましたので、来年に持ち越しかな?
リニューアルのサイクルを変えて来たのなら出る時は予想以上の進化を遂げているでしょうからそれはそれで楽しみです。
それにロクヨンと1DsMk4を一緒に出されても買えないし、今回はロクヨンを発表して欲しいものです。
果たしてどうなるか?
明日はキヤノンのサイトから目が離せないです。仕事にならないかも。。。

by elefantino-t | 2010-08-25 23:52 | 鳥撮影機材
2010年 08月 24日

朝日

先週末に撮った朝日です。
b0123663_23532478.jpg

朝日がものすごく綺麗でした。
ただ、この日のお天道様は『今日は気合入れるからね!早く帰った方が良いよ!!』って言っているようでもありました。
なのでこの日は早々に引き揚げました。

by elefantino-t | 2010-08-24 23:54 | 太陽
2010年 08月 23日

初撮り

この休みに寄ったポイントで初撮りです。
カワセミ目当てに行ったポイントなんですが、カワセミは居るには居る物の飛びまわっていて全く近くに止まってくれず、落ち着くまで待とうかなとふと対岸の木に目をやると小さい見た事無い鳥がちょこまかと動いていました。
雰囲気雀じゃないし色はメジロっぽいけどちょっと違う。
そこで、ファインダーを覗いてみるとなんだかムシクイぽいので、撮影しようと試みるも木の中をちょこまか動いていてなかなかまともに撮影させてくれません。
で、ようやく何とか見れるものが1カット撮れました。
その後は何処かへ飛び去ってしまって探したんですが見つかりませんでした。
撮れたカットはこれです。
b0123663_22102889.jpg

家に帰って現像しながら調べてみるとやはりムシクイの仲間のようです。
多分、センダイムシクイだと思います。
このポイントにセンダイムシクイが居るとは思えないのでおそらく渡りの途中に寄ったんじゃないかなと思います。センダイムシクイの渡りは早いらしいし。
いよいよ秋の渡りのシーズンになったんですね。
来月になったら今年もコサメビタキやエゾビタキを撮影に去年見た場所へ行ってみようと思います。
今年は猛禽類の渡りも見に行こうかな?
夏鳥の渡りの季節が終わるとカワセミ撮影も本格化します。
今年は何処のポイントに通おうかな?

by elefantino-t | 2010-08-23 22:19 | その他の野鳥
2010年 08月 22日

ここも良く分からない事に

夕方は仕事帰りに寄っていたポイントに行ってみました。
オス親と若鳥2羽が同じねぐらに居る事は確認していましたが、今日はまた新たな発見が有りました。

今日は何時も仕事帰りに寄っている時間より早めにポイントに付きました。
しばらく待っているとねぐらの方から複数羽のカワセミの鳴き声が聞こえてきます。
普段ならねぐらの外に出て居て活動している時間帯のはずなんですが、今日はねぐらにこもったままです。
今日は超暑かったのでそのせいかなと思っていたのですが、しばらくして原因が分かりました。
なんと、ねぐらのすぐそばの木にハヤブサが止まっていたようなんです。
ハヤブサが飛び立って初めて分かりました。
腹の模様、シルエットからハヤブサだと思います。
このポイントにはたまにハヤブサもやって来ますが、ねぐらのそばの木に止まられていたのではカワセミも出て来れないでしょうね。
このハヤブサこの後もしばらく枝を変えて居座っていました。
残念ながらこちらからはハヤブサが止まっているところは全く見えません。
何度か飛んで枝を変えているのを見れるくらいです。
日没直前くらいにようやく下流方向へ飛び去って行きました。
こうなればカワセミも出てくるだろうと待っていると、日が沈んでからようやく2羽でてきました。
1羽は下流へ飛び去ってもう1羽はちょっと離れた所にに止まりました。
この2羽親子なのは間違いないです。
と言うのも親が雛を呼ぶ時の鳴き方で鳴いていたからです。
この時季までまだ子供の面倒を見ているなんて驚きです。
更に驚いたのは、目の前に止まった親鳥はなんとメスです。
現像していて気付きました。
b0123663_22373784.jpg

先日撮ったオス親とは違います。
明らかにメスです。若鳥でもないです。鳴き方からしてもメス親だと思います。
このねぐらは親子4匹が使っている事になりますが、この時季にそんな事ってあるのかな?
これは、ちょっと驚きです。
この後このカワセミはすぐにねぐらに戻ってしまいました。まだ警戒しているような感じです。
もう少し待っていればまた出てきたでしょうけど、日が完全に沈んで暗くて撮影に厳しいしので帰って来ました。
ちなみにカワセミは鳥目じゃないです。人間の目よりはるかに高感度ですね。
私には暗くて何も見えないところで水に飛び込んでいます。
音でしか判断できませんけど。

それにしても、これからが楽しみなポイントです。親子4羽は同時に見れたら良いけど。
明日も仕事帰りに寄ってみようかな?

by elefantino-t | 2010-08-22 22:52 | カワセミ